MV AGUSTA JAPAN

F3 675 Serie Oro

F3 675 Serie Oro

世界限定200台、特別な輝きを放つSerie Oro

メーカー希望小売価格(消費税込):3,150,000円(5%税込)※Sold out



IMPRESSION

2010年のミラノショーにおいて、MVアグスタはまったくの新開発のマシン“F3”の存在を明らかにしました。それは、流麗なスタイルに675㏄の並列3気筒エンジンを包み込んだ軽量コンパクトなスーパースポーツとしてヴェールを脱ぎ、世界中のエンスージャストから称讃の声を集めたのです。

しかし、それだけではありませんでした。MVアグスタは、そんなF3に特別なモデル“セリエ・オロ”を用意。世界でわずか200台という限定生産ながら、スタンダードのF3に先駆けて、2012年の春からデリバリーを開始したのです。

“セリエ・オロ(=ゴールド・シリーズ)”という名は、MVアグスタファンならずとも格別な響きを持っていることでしょう。
そもそもその名は、1999年にわずか300台のみ製造された初代F4に与えられたものであり、華麗な復活を果たした現在のMVアグスタの象徴とも言うべき存在だからです。

もちろん、あの頃の衝撃同様、F3セリエ・オロもまた、その名にふさわしい輝きを放っています。ゴールドに塗られたフレームピボットプレートやシングルサイドスイングアーム、アルミニウム鍛造ホイールにはじまり、オーリンズ製前後サスペンション、ブレンボ製ラジアルマウント・モノブロックキャリパー、アジャスタブルのライディングステップ、アルカンターラ・シートなど、きらびやかなで上質な装備の数々を見れば、それは誰の目にも明らかです。

この他、マシニング加工されたフレームピボットプレートやクラッチカバー、それにアルミニウムから削り出されたオルタネーターカバーといったパーツもセリエ・オロのオーナーのみが愛でることのできるボディワークなのです。
こうしたこだわりはさらに細部にまでおよび、インテーク&アウトレットエアダクト、DID製ゴールドメッキチェーン、そして限定生産の証でもあるシリアルナンバープレートなど、どこを切り取っても所有欲を満たしてくれるに違いありません。


極めつけは、職人の手によって一本一本丁寧にTIG溶接されたクロムモリブデン鋼製のトレリスフレームでしょう。これは、その製法もさることながら、素材からしてスタンダードモデルと異なるもので、セリエ・オロだからこそ成し得たまさに究極の機能美なのです。

このように、“走る宝石”そのものといったF3セリエ・オロですが、実際のパフォーマンスもそれにふさわしい仕上がりを持つことは言うまでもありません。

3気筒エンジンだからこそ実現できた独特のサウンドは、アイドリング時から他のいかなるモデルとも一線を画し、まさに咆哮ともいえる力強さで周囲を圧倒。走り始めてもその印象が裏切られることはなく、ミドルクラスの超高回転エンジンにありがちなトルクの細さなど、まったく感じさせないままどこまでも車速を伸ばしていくのです。

運動性を優先し、極限までコンパクトに仕上げられた車体は、ライド・バイ・ワイヤーによってコントロールされるスロットルに即座に反応し、どんなスピード域からでも思いのままの加速力を手に入れることができます。同時に、3気筒特有の爆発間隔の広さがもたらすリヤタイヤの接地感、つまりトラクションの本当の意味をライダーは体感するに違いありません。

そしてその先、つまりコーナリングにこそ、このマシンの真骨頂があります。
逆回転クランクというF3ならではの機構によって、車体前後のピッチングを最小限にまで抑制。その車体の動きは、まるで浮遊しているかのように軽快で、右へ左へと意のままに車体を旋回させることができる様は、いかなるライバルの追随も許しません。しなやかな足回りによってもたらされるリーンの鋭さは、機動性を追求したレーシングマシンさながらで、それでいてフルバンク時にはレールの上を走っているかのような安定感を発揮。車体を弾丸のように突き進めるのです。このような確かな基本設計に加え、ライディングを完璧にサポートする精度の高いトラクションコントロールと適切なマッピングモードといった最新電子デバイスの装備も忘れてはいません。心ゆくまでコーナーを満喫できるライトウェイトスポーツとして、ライダーをかつてない世界へいざなってくれることを約束します。

MVアグスタは、モーターサイクル史上に大きな金字塔を幾度となく打ち立ててきました。このF3セリエ・オロもまた、新たな伝説の一翼を担い、歴史的な一台として後世に語り継がれることでしょう。

DETAILS

F3 Serie Oro|フレーム 

フレーム

熟練の職人の手で丁寧にTIG溶接されたクロムモリブデン鋼製トレリスフレーム、マシニング加工されたフレームピボットプレートやクラッチカバーは、その製法もさることながら、素材からしてスタンダードモデルとは異なります。

F3 Serie Oro|カーボンパーツ 

カーボンパーツ

前後フェンダー、アンダーカウル、スイングアームガードなどに採用されるドライカーボンパーツや、ゴールドカラーに統一されたエアインテーク&エアアウトレットダクトなど、ボディディテールもこだわりの塊。MVアグスタ伝統の銀×赤のツートンカラーを纏っていますが、あえて躍動的なキャンディレッドを採用しています。

F3 Serie Oro|ブレーキ&サスペンション 

ブレーキ&サスペンション

前後サスペンションはトップモデルの証となるオーリンズ製を採用。フロントサスペンションのボトムケースにはMVのロゴを配置。フロントブレーキは、320mm径鋳鉄ディスクローターにブレンボ34mm径モノブロック・ラジアルマウントキャリパーをセットします。

F3 Serie Oro|ホイール 

ホイール

フロント120/70ZR17、リヤ180/55ZR17サイズのタイヤがセットされるゴールドに彩られた10本スポークデザインのホイールは、F3 Serie Oro専用となる超軽量アルミ鍛造品を採用しています。

F3 Serie Oro|ステップ 

ステップ

スムーズなライディングとリラックスしたシッティングポジションを実現する可変タイプの専用ライディングステップシステムを採用。アルミ鍛造のステップバーや曲面を組み合わせたヒールプレート、角が丁寧に落とされて流麗なラインを描くステップホルダーなど、車体デザインにマッチしたシンプルでスピード感あふれるデザインです。


GALLERY

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

MV AGUSTA|F3 Serie Oro

Share on Facebook

MV AGUSTA 2010年以降に販売した過去のモデル紹介
MV AGUSTA 2009年以前に販売した過去のモデル紹介
お近くのディーラーはこちらからどうぞ

●価格はメーカー希望小売価格です。●メーカー希望小売価格(リサイクル料金含む)には保険料、登録に伴う諸費用は含まれておりません。●製品の仕様等は予告なく変更する場合があります。●カラーリングは実際と異なる場合があります。●製品に関する情報はお近くのMV AGUSTA JAPANオフィシャルディーラーまでお問い合わせください。
■リサイクルマークが貼付された二輪車はリサイクル料金をおり込んで販売いたします。これにより、二輪車の廃棄時にかかるリサイクル料金はいただきません。但し廃棄二輪車取扱店による廃棄二輪車の収集、運送等に伴う費用、及び郵便局への払込手数料が必要になります。収集運搬費用につきましてはお近くの廃棄二輪車取扱店にご相談下さい。

サイト内検索

Heritage&History
Heritage&History 神話とも言える、MV AGUSTAの輝かしい伝説と偉業の数々
Dealer Finder
Dealer Finder MV AGUSTAジャパンのディーラーネットワーク
Models
Models イタリアン・モーターサイクルの本質。それは、MV AGUSTAが知っています。