MV AGUSTA JAPAN

MONITOR PRICE CAMPAIGN

MVアグスタモニターの試乗レポート

MVアグスタモニタープライスキャンペーンに参加された方々の試乗レポートをご紹介いたします。

T.Sさん

TURISMO VELOCE

最初のMV AGUSTAはF4 1000 R312、現在はF3 800 ago、そして今回のTURISMO VELOCEが3台目となりました。乗り易さを求めてきた結果、現在に至ってます。F4はパワー、高速道路、サウンドは素晴らしいですが、ポジションが厳しく長距離は辛いものがありました。その点、F3はコンパクト、かつ軽快です。TURISMはそれに加えてパニアケースがツーリングを一層愉しくしてくれそうです。モダンかつスタイリッシュなバイクで所有する満足度も高いです。これからのツーリングシーズンを満喫したいと思います。

Vol.1

10月2日、無事に納車となりました。以下は第一印象です。
1. ローダウンのリンクとシートに交換しても全体バランスはスタイリッシュさを維持しています。
2.車高が下がったせいか、センタースタンドが少し重たく感じます。
3.オプションでフロントフェンダーとライセンスプレートカバーをカーボンパーツに交換。車体の風格が数段向上した感じです。お薦めのパーツ交換です。
4.ローライドシートとパッセンジャーシートのオプションパーツはスウェード調の素材に赤いステッチが効いて、こちらも見た目が大きく向上しました。
5.ハンドル幅は丁度いい感じですが、シートポジションの自由度は低いようです。
6.スイッチ類の操作性は問題無いですが、モニターディスプレイの取扱いはF3とも異なり習熟が必要です。
今日は走行50km程度でしたので、走りの印象は次回とさせていただきます。

Vol.2

10月10日体育の日、秋晴れの快晴、気温23度と最高のツーリング日和でした。この日は山村のワインディングロードからシーサイドロードの一般道ばかりを150km程走りましたので、そのレポートです。
1.マップモードはスポーツとツーリングを試しましたが、スロットルレスポンスに若干の差を感じました。個人的にはツーリングモードの方が穏やかで好みです。
2.クイックシフトのダウンはアップ時よりスムーズさに欠けるように感じました。まだ慣らし中でもありオーバーレブが心配なのでクラッチを多用しましたが、アップだけでも大変楽に感じます。
3.F3 800はハンドルの震動が大きく、手がかなり痺れますが、Turismo Veloceは全く感じません。バックミラーもF3と比べると格段に見やすいです。
4.ウィンドプロテクションはフェアリング、スクリーン、ナックルカバーの形状が効果的なのか、上体がアップライトにも拘らずかなり良いと思います。ただし高速道路はまだ未体験です。
5.マフラーはF3と同じ3本出しですが、排気音はTurismo Veloceの方がジェントルです。高回転時にどう変化するか楽しみです。
以上、初のショートツーリングでしたが、最大の印象はストレスフリーで非常に乗りやすいバイクだという事でした。これから乗り込んでいって、さらに長所を引き出してやりたいと思います。


サイト内検索

Heritage&History
Heritage&History 神話とも言える、MV AGUSTAの輝かしい伝説と偉業の数々
Dealer Finder
Dealer Finder MV AGUSTAジャパンのディーラーネットワーク
Models
Models イタリアン・モーターサイクルの本質。それは、MV AGUSTAが知っています。
Owners Manual
Owner's Manual 取扱説明書はこちらよりダウンロードください。
Service
Service リコール、サービスキャンペーン情報
Service
MV AGUSTA 延長保証 メーカー保証終了後の延長保証サービスです